• 組込・特注フォント開発

  • 製品ラインナップ
  • 製品ID・価格表
  • フォント名一覧

  • 新聞製作プラグイン
  • 新常用漢字表対応

  • イワタClub(メルマガ)
  • 最新情報

製品情報


 

朝日書体はその名の通り、朝日新聞専用書体として使用進化してきた書体です。
大人の香りを漂わせるエレガントで信頼感あふれるデザインは、大サイズで見出しに使用しても落ち着きを失いません。
新聞紙面の本文文字、雑誌やポスターの見出し・ボディーコピーにも使っていただきたい書体です。

本文書体・見出し書体など全15書体のシリーズです。

朝日書体カタログ1 朝日書体カタログ2 朝日書体カタログ3 朝日書体カタログ4
拡大する 拡大する 拡大する 拡大する



販売の経緯

朝日書体はかねてから、読みやすく品位のある書体として新聞業界のみならず広くデザインの世界に大きな影響を与えてきましたが、デジタルフォント化した今もなお、使用は朝日新聞社内に限定されており、一般に使用することができませんでした。
近年、新聞社をはじめ、多くの出版社やデザイナーから朝日書体を使用したいとの要望がありました。このたびデジタルフォント化の一翼を担ってきたイワタが朝日新聞社の全面協力を得て、独占的に販売することになりました。

 

朝日書体とは

全国にはたくさんの新聞社がありますが、自社で書体をデザインしている新聞社は数社に限られており、朝日新聞社はその数少ない社の1 つです。朝日新聞社は長年、理想の新聞書体を追い求めて独自の文化を育み、そして数々の新聞書体を生み出してきました。
その中でも代表される朝日の本文明朝は、昭和16 年に業界として初めて登場した扁平用活字をルーツに持つ伝統ある書体です。その他、昭和39 年に東京オリンピック開会式の時に登場した大見出し用の明朝とゴシックの他、現紙面に使用されている大文字化対応の本文明朝、本文ゴシックなどがあります。この度発売を予定している書体は、朝日新聞紙面を構成しているほぼすべてとなります。

 

 

製品ラインナップ


No
書体名 朝日新聞での用途 朝日新聞での使い方
1
朝日新聞明朝 R 本文用明朝
扁平使用・現在の朝日新聞の基本文字・縦横兼用
2
朝日新聞ゴシック R 本文用ゴシック
扁平使用・現在の朝日新聞の基本文字
3
朝日新聞旧明朝 L 本文用明朝 扁平使用、昭和26~56 年に本文で使用
4
朝日新聞旧ゴシック L 本文用ゴシック 扁平使用、昭和26~56 年に本文で使用
5
朝日新聞横用明朝 R 本文用明朝 扁平使用・横用
6
朝日新聞ラテ欄用明朝 R 本文用明朝 扁平使用・夕刊のテレビ面に使用
7
朝日明朝 M 見出し用明朝 カット見出し(注)
8
朝日明朝 D 見出し用明朝 正体1.5~2 倍(9.4~12.5pt)
9
朝日明朝 B 見出し用明朝 正体2.5~4 倍(15.6~24.7pt)、カット見出し(注)
10
朝日明朝 H 見出し用明朝 正体4.5~10 倍(28.1~61.8pt)、カット見出し(注)
11
朝日ゴシック L 本文用ゴシック 本文用途、文字サイズ・扁平率は自由
12
朝日ゴシック D 見出し用ゴシック 正体1.5~2 倍(9.4~12.5pt)
13
朝日ゴシック B 見出し用ゴシック 正体2.5~4 倍(15.6~24.7pt)、カット見出し(注)
14
朝日ゴシック H 見出し用ゴシック 正体4.5~10 倍(28.1~61.8pt)、カット見出し(注)
15
朝日丸ゴシック M 見出し用丸ゴシック カット見出し(注)
(注) カット見出しとは文字に扁平がかかったり、地紋がついたりするもの(文字サイズ、扁平率は自由)

仕 様

フォントフォーマット
 OpenType Pro版(Adobe-Japan1-4:15443文字収容)

対応OS
 Windows XP~
 MacOS 10.3~

 

価格
 30,240円(1書体あたり・税込み) WEB価格 27,000円(税込)

対応アプリケーション
 ・OpenTypeフォントに対応したアプリケーションが必要
 ・扁平(文字変形)できるアプリケーションが必要(文字は正体で収容されています)
  扁平のしかたについてはこちらを参照願います。

 

書体組見本

こちらを参照願います。

 


デザインの特徴【本文書体編】

朝日の本文書体は、活字時代からの基本デザインを受け継ぎつつ、見やすさを考慮し線幅や扁平率を変更しながら進化してきました。  朝日の本文書体にみられる主なデザインの特徴は以下になります。
(すべての文字が以下のようになっているわけではありません)

漢字の特徴(明朝・ゴシック共通の特徴)

・縦画が末広がり
国がまえや門がまえなど外側にある縦画は台形状に傾いており安定感ある形になっています


・横画が右上がり
文字が右下がりに見えないように横画がやや右上がりになっています

 


・はちやね
朝日書体は伝統的にはちやねがついています

 


・筆おさえ無し
基本的に筆おさえはありません

 



漢字の特徴(明朝の特徴)

・ハライの先端の接触/横画の埋め込み
ハライや横画がのびのびと見えるよう接触している箇所があります


・バチ形状とウロコ
始筆がバチ形状となり、終筆が丸みのあるウロコとなっています

 



漢字の特徴(ゴシックの特徴)

・始筆と終筆のバチ形状
主張し過ぎない始筆と終筆のバチ形状により自然な横画となっています


・ゲタ付き
余白を無くしバランスよく見せるためにゲタが付いています

 


・横画の処理
横画が多い文字については潰れを防ぐために中央部分を細めに調整しています

 



非漢字の特徴

筆の自然な流れを表現したかな


 

 

明朝・ゴシックともに読点は明朝風の形状になっています

 


 

 

明朝・ゴシックともにルビは明朝のものが入っています



書体名・フォント名変更


2014年5月に『朝日書体シリーズ』の書体名・フォント名を変更しました。
こちらを参照願います。


FAQ

よくあるご質問
Q1 字形とデザインは朝日新聞のものと同じですか?
A1 同じです。字母(文字データ)はすべて朝日新聞社から取り寄せフォント化しました。
Q2 なぜAJ1-4なのですか?
A2 もともと朝日新聞社では外字を含めて1書体あたり1万文字弱で運用していました。
しかし朝日書体を一般販売するにあたり、主なターゲットを印刷会社やデザイン会社などの DTP用途と考え、現在最も普及しているフォントフォーマットと文字セットである OpenTypeのPro版(AJ1-4)という仕様になりました。 イワタでは不足している1書体あたり約5千文字を朝日書体のデザイン仕様に則り追加制作しています。
Q3 今後AJ1-4以外の文字セットやフォントフォーマットが発売されますか?
A3 今のところ具体的な予定はありません。
Q4 なぜイワタが朝日書体を扱うことになったのですか?
A4 もともとイワタでは10年以上前から朝日書体をデジタル化するお手伝いをしていました。そのような過程において双方で朝日書体を一般販売してみようという話になりました。
Q5 全国の新聞社は何の書体を使っているのですか?
A5 自社の書体を持っているのは、朝日、読売、毎日、中日など一部の新聞社に限られます。
その他のほとんどの新聞社ではイワタなどの書体メーカーから購入したり、新聞システムが提供する書体を使っています。朝日書体は本文から見出しまですべて朝日オリジナルの書体であり、また今まで朝日新聞以外で使われたことがないという意味では一般販売は大変意義のあることです。
Q6 新聞以外では使えないのでは?
A6 本文書体は雑誌や広報誌の本文はもちろん、本や広告のタイトルでもよく使われます。
また見出し書体は今までにない個性ある書体として、小見出しから大見出しまで幅広い用途が見込まれます。
ただし本文書体については文字は正方で収容されていますので変形(扁平)できるアプリケーションが必要です。
Q7 IVS(*)は搭載していますか?

 

(*)IVS(Ideographic Variation Sequence)とは、Unicodeのあとに異体字セレクタ(Variation Selector)と呼ばれる枝番号を付与することにより漢字の異体字を表現するしくみのことです。イワタ製品ではPr6に搭載されています。
A7 搭載していません。

 

Q8 字形、字体はどのようになっているのでしょう?
A8 文字配列は基本的にAJ1-4に従っていますが、細かい点で朝日書体独自のデザインとなっている箇所があります。近日中にWebにて公開します。なお、字体・字形ではありませんが、朝日新聞ゴシックの読点とルビは明朝デザインとなっています。
Q9 Mac OS X v10.5 Leopard(Intel CPU搭載機)にて、「OS10 IntelMac用 Installer」が使用できません。
A9 Mac OS X v10.5 Leopard(Intel CPU搭載機)へのインストールには、「OS10 PowerPC用Installer」をご利用ください。
Mac OS Xはバージョンにより、PowerPC CPU搭載機とIntel CPU搭載機があります。お客様のMacの仕様をご確認ください。
 Mac
OSバージョン CPUタイプ インストーラ
Mac OS 10.3     Panther PowerPC PowerPC用
Mac OS 10.4     Tiger PowerPC・Intel PowerPC用
Mac OS 10.5     Leopard PowerPC・Intel PowerPC用
Mac OS 10.6     Snow Leopard Intel Intel用
Mac OS 10.7     Lion    Intel Intel用
Mac OS 10.8     Mountain Lion Intel Intel用
Q10 扁平のしかたは?
A10 ・Adobe InDesignの場合はこちら 
・Adobe Illustratorの場合はこちら 
・一太郎タテ組みの場合はこちら 
・一太郎ヨコ組みの場合はこちら 
・Microsoft Wordタテ組みの場合(Windows編/Macintosh編)はこちら 
・Microsoft Wordヨコ組みの場合(Windows編/Macintosh編)はこちら 


扁平使用することを推奨している書体は、以下の本文用6書体です。
書体名 推奨する扁平率
朝日新聞明朝 R 扁平85%
朝日新聞横用明朝 R) 扁平89%
朝日新聞ラテ欄用明朝 R 扁平80%
朝日新聞旧明朝 L 扁平80%
朝日新聞ゴシック R  扁平85%
朝日新聞旧ゴシック L 扁平80%
Q11 朝日書体の書体名・フォント名をなぜ変更したのですか?
A11 カタログ記載の書体名と制作アプリで表示されるフォント名に違いがあることで、制作時に起こりえるトラブルを未然に防ぐためです。
Q12 朝日書体の旧名称フォントで制作されたデータを訂正したいのですが?
A12 旧フォント名のフォントをお使いください。
新フォント名の同一書体をお持ちの方には、旧名称フォントを無償で提供いたします。
株)イワタへお問い合わせください。
Q13 新規で朝日書体の旧名称フォントを購入したいのですが?
A13 旧名称フォントの販売は中止しました。新名称のフォントをご購入ください。
業務の都合上どうしてもご必要な場合は(株)イワタ営業部へお問い合わせください。
Q14 不要なフォントを削除したいのですが?
A14 こちらをご覧ください。